馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

村下孝蔵⑤


「踊り子」

若かりし恋を表現した歌では一番かと思う歌ですね。
「つま先で立ったまま愛する」って表現がなかなか。

ソロギターヴァージョンをUPしたのは
ギタリストとしても素晴らしかった
彼の才覚を聴いて頂こうと。

全ての面に於いて「天才」だったんですね。

b0301101_23580588.jpg



# by yusa-ozisan | 2017-10-19 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)


震災前
「当たり前に月2~3回通っていた道」


何も変わっていない光景に「ただ一つ変わったモノ」が。
あちこちにあるのを見て、伽藍とした空気を改めて感じました。

b0301101_00344089.jpg
b0301101_00350909.jpg


「ここから閉ざされた道があったっけ」

幾等解放された道路になっても、人の心は簡単に開かない様で。
正直「復興させない方が良かった街だったのでは?」と。
容易く補償に応じる現実を見ても・・・ねぇ。

b0301101_00393692.jpg
b0301101_00401659.jpg
b0301101_00404483.jpg


# by yusa-ozisan | 2017-10-18 12:00 | おらほの光景 | Trackback | Comments(0)


空気を汚しに来るな!

以上。

b0301101_23232509.jpg
b0301101_23243853.jpg


# by yusa-ozisan | 2017-10-18 06:00 | 馬鹿こいでんなよ | Trackback | Comments(2)

村下孝蔵④


「冬物語」「90ページの日記帳」

シングルになっていない歌の中で好きな2曲。

秋から冬にかけて失った愛を凍らせて
春に溶かして「新しい愛を探そう」
そんな風に歌っている「冬物語」

不器用な恋を記憶と共に振り返る
「90ページの日記帳」

まさに「隠れた名曲」って感じですね。

b0301101_23385647.jpg



# by yusa-ozisan | 2017-10-18 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

浪江町紀行~帰らない街


「派閥の違いで遅れた補償」

看板の表記を見て「この街も原発推進をしていた事」が伺えます。
言いたくありませんが「原発頼りをしようとした街の復興」は
哀しいかな・・・何故か適わない傾向にあるんですよねぇ。

b0301101_01333926.jpg
b0301101_01365068.jpg
b0301101_01365692.jpg
b0301101_01383961.jpg
b0301101_01384951.jpg


# by yusa-ozisan | 2017-10-17 12:00 | おらほの光景 | Trackback | Comments(0)