馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

女川原発を訪ねて~Part1


「福島原発が如何にボッコレだったか」

それを改めて思い知った今回の勉強会でしたので、2回に分けて写真で説明をしてみます。
以前から「壊れるべくして壊れた原発」と書いて来ましたが、裏付ける話を聞いたんで。
先ずは「ギリギリ撮れるだけ撮れた女川原発の写真」から。

b0301101_9424683.jpg
b0301101_9425588.jpg


今回訪問したのは「PRセンター」と言う処でした。

そこで最初に見せられた「女川原発がまともである証」と考えられるVTR。
逆を言えば「福島原発の作りが如何に杜撰だったか」って代物でしたねぇ。

b0301101_9451679.jpg
b0301101_102542.jpg


「福島原発と他の原発を一緒にするな!」

そんな事を言わんばかりの内容に「東北電力の嫌味」を感じてしまったVTRでもありました。
要は「起こるべくして起きた事故」って事を、幾つかの要因を以て説明してくれた訳です。

①元々36mの高さだった台地を削って、海岸線ギリギリに立てた建屋が悪い。
②補助電力確保(電源供給)を行えなかった、危機管理体制の無さ事が悪い。
③緊急時の水源確保をしなかったのに、プルサーマル再稼働させたのが悪い。

b0301101_1024329.jpg
b0301101_1034685.jpg
b0301101_1035837.jpg


最後の「笑える駄目出し」は
「緊急時停止が出来れば避難場所にもなるんだよ!」


津波を受け「街ごと壊れてしまった女川」の、緊急避難場所として3ヶ月解放した施設。
それが女川原発に設置した各施設だった事を考えると「原発=危険」では無いでしょ?
福島原発の如く「施設に避難したから被曝した」と、訴える例はありませんからねぇ。

他の原発でも「近くに住んでたから甲状腺癌になった」って事例を聞きませんしネ。

つまり「地震が起き・津波の被害を受けてもちゃんと停止出来れば問題無い」ってコト。
左巻きの連中が、親の仇にでも遭ったように大騒ぎするのが「如何に馬鹿か」って話。
文句ばっかり言ってねぇで「現実の説明」を聞かなきゃ駄目だって話カモ知れません。

b0301101_10161310.jpg


by yusa-ozisan | 2016-04-10 06:00 | 原発関連の事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yusa007.exblog.jp/tb/25644963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kujiraida at 2016-04-10 22:38
「女川原発が避難所に!」

をぢさんブログでお勉強してきたつもりでしたが
これは、目から鱗です。はい。

Commented by macmac1965 at 2016-04-10 23:12
月刊誌「正論」の今月号に、米国で発生した9.11以来米国NRC(原子力規制委員会)は、米国の原発にテロ等の不測の事態に備え非常用電源の複数設置等の改善命令を「米国内の原発(GE製他)」に出したが、米国製原発が50基もある「日本」には通知せず、GEも東電にはその命令があったことすら伝えていないとある。
東電(福島第一原発)は、不測の事態への対策が不十分?だったが、近隣の原発(福島第二や女川)は、それなりの対策をしていたおかげ?で「深刻な事態」を起こさなかったのは「何故だ???」
とは言え、必要な対策が講じられている原発は「安全度が高い」と言うことが、女川原発の例で「検証済み」と言うことですね。~何処かの裁判長に聞かせたいものだ~
Commented by yusa-ozisan at 2016-04-11 22:37
【To くじらいだー@さん】
ワタシも・・・目から鱗でした!
世の中にもっと広めねば!!
Commented by yusa-ozisan at 2016-04-11 22:43
【To macmac1965さん】
結局「何時作ったか?」で見えるのが「手抜き」
原発の構造を見ると「ブロック式ユニット住宅」と同じですからねぇ。
一度作れば増築が適わない為「内部補強と邂逅」が出来ない代物かと。

昭和42年に着工した「第一原発」昭和50年に着工した「第二原発」
それゆえ「昭和50年代以降の構造物は問題無し」って事かと。