馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

ライオネル・ハンプトン


「ジャズ・ヴィブラフォンの第一人者」

木琴がまるでダメダメだったワタシにとって「異次元の神様」って感じです。
モダン・ジャズ・カルテットを聴いて「ミルト・ジャクソンって凄いな」と思ったのに
その師匠みたいな方なんですから「半端無く凄い人」だってコトかも知れません。

わかりやすいLiveがありましたので・・・UPしてみます。

b0301101_136197.jpg


by yusa-ozisan | 2016-11-18 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yusa007.exblog.jp/tb/26376216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by one0522 at 2016-11-18 18:27 x
こんばんは。

いやはや・・・懐かしい面々で嬉しいな!

これから、ハリー・ジェイムズ(スリーピ-・ラグーンとか、
グッドマンのメンバーでしたね。)
ジーン・クルーパー(彼もグッドマンのバンドで、
シングシングシングのドラムで有名でしたしね)。

日本では、松本英彦、鈴木章二、白木秀夫なども、
実演で楽しんでました。

平岡精二の木琴やビブラも懐かしく思い出しますよ。

当時の日本のジャズメン、いろいろと思い出が蘇る!

Commented by yusa-ozisan at 2016-11-21 01:23
【To わんさま】
懐かしいシリーズ、ご堪能いただいてますでしょうか?
秋の夜長は、懐かしのJAZZが耳に心地良い年齢を迎えましたので(^o^)