馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

日本レコード大賞回想録③


シンシアがデビューした1971年。

可也クオリティが高い年であった事を記憶しています。
マチャアキの「さらば恋人」本郷直樹の「燃える恋人」
子供心に「ラブソング」ってモンを感じましたっけ。

やはり「心に残る歌詞」が、歌の命ですねぇ。

b0301101_1925022.jpg



by yusa-ozisan | 2016-12-28 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yusa007.exblog.jp/tb/26503001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kujiraida at 2016-12-29 10:01
「マチャアキ」といえば
あの「星三つです!」の番組がおわりました。
毎週みてた訳じゃないけど
何か、一つの時代が終わったような・・・
Commented by yusa-ozisan at 2016-12-29 23:40
【To くじらいだー@さん】
確かに・・・我々世代の「男性アイドル」が映像から消えて行く昨今。
SMAPもそのひとつですが、テレビ終焉の時代になってるんでしょうね。