馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

日本レコード大賞回想録⑤


山口洋子作詞「夜空」

46年経っても胸にしみいる歌が、今は余りにも無さすぎる気がします。
レコードも消え、CDも買わない世の中ゆえ「レコード大賞」は廃止すべきですね。
過去に受賞した方々に対し・・・余りにも失礼ですから。

b0301101_19434649.jpg




by yusa-ozisan | 2016-12-30 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yusa007.exblog.jp/tb/26503099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kujiraida at 2016-12-30 13:24
1973年の五木ひろしさん
レコード大賞は「夜空」
紅白では「ふるさと」
この2つの「名曲」がほぼ同時に生まれました。
なんとも贅沢な時代ですね。

昨今はこういった曲が「懐メロ」などと呼ばれますが
違うんですよね。日本にはどうも
「スタンダードナンバー」という考え方がないようで・・・
Commented by yusa-ozisan at 2016-12-31 03:52
【To くじらいだー@さん】
どうしても「演歌」と言う括りが強くて・・・
外国の様に「スタンダード」って言わないのが残念ですね。