馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

ラズベリーズ


「ゴー・オール・ザ・ウェイ」

敬愛するエリック・カルメン率いるラズベリーズの出世作です。
「タイトでポップなリズム」「メロディアスで憶えやすい曲調」
まさにアメリカのパワー・ポップを代表する曲ではないかと。

何処か元気をもらえる、春の陽射しみたいな歌であります。

b0301101_11133701.jpg



by yusa-ozisan | 2017-04-06 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yusa007.exblog.jp/tb/26760348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。