馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

2017年 05月 30日 ( 3 )

黄砂の影響?


最近綺麗な夕陽が見れなくなったのは
やっぱり「黄砂」のせいなのかなぁ?


そんな事を思いながら、3週間前に落日を眺めてました。

b0301101_02584959.jpg
b0301101_03010910.jpg
b0301101_03012043.jpg


by yusa-ozisan | 2017-05-30 12:00 | おらほの光景 | Trackback | Comments(0)


昨日、ある役所に行って「馬鹿役人」を見ました。

その時、前川ってアンポンタンがホザいてた言葉を思い出しました。

b0301101_23562901.jpg
ワタシが監査役を務める会社での「調査と言う名の拷問」笑っちゃいました!
ナンバーロックされた妙な会議室に通され「パソスイッチ=マイクスィッチ」
調書を取ると言った割にキーボードを叩かないので、そう思ったワケですヨ。

しかも「お前がやったんだろう」の口調・・・まさに犯人扱いです。

早い話「訴えがあったから神妙にしろ」って、悪代官の様相で迫り来まして。
こちらが主張する事実を全く無視し「反省文に名前を書け」って感じでした。
訴えた方は「うそっぱちの詐欺師」そんなモンには乗れやしませんってねぇ!

平たく言えば「労働基準監督署の賃金未払調査」のワン・シーン。

用意した反論の書類を見せましたが「全く以て頓珍漢」意味を解しません。
一個々説明し「出面帳の意味」を教えました処、少しはわかって来まして。
「ここに弊社の名前が書かれて居ますかね?」と訊きましたら「真っ青に」

そう・・・「タイムカード代わり」と知らなかったんですから。

更に「私文書偽造の請求書」ホチキスで止めていたから同じと思った様で。
一枚目の請求鑑が「ゴシック体」二枚目の詳細が「明朝体」気付けよって!
思わず「文字体が違う請求書を貴方は見た事があります?」と訊きました。


要は、書類を判断出来ない奴から「結果ありきの拷問」をされてた訳です。
前川ってあほんだらがホザいた言葉も「結果ありき」役人感性なんですね。
結局「結果ありき」で行動するから、他人にも押し付ける様になるんです。

文字体が変わっても「文章がこうだから」って・・・馬鹿丸出し!

例の大騒ぎになった文章は、会社で言えば「稟議(発議)書」ですよねぇ?
文章が本物であれば「本物のフォーマットに従って」構成されなきゃダメ!
書き始めは「このことについて下記の通り御報告申し上げます」ですから。


末端の役人が「白い物まで黒くする」それじゃ労働争議が増えるだけ。
現在「お利口さんの労働者様」が増えるのも、当然の話ですねぇ。

役人が言う「本物」は「偽物ばかり」って感じがして来ました。



by yusa-ozisan | 2017-05-30 06:00 | 馬鹿こいでんなよ | Trackback | Comments(0)

リタ・クーリッジ⑤


「ラブ・ミー・アゲイン」

1978年にリリースされた「全く売れなかったシングル」でありました。
でも、作曲を担った「アリー・ウイルス」が凄い人なんでご紹介を!
EW&Fの「セプテンバー」「ブギー・ワンダーランド」を作曲した方。

彼女の歌って、いろんな方とのかかわり合いで出来ている事を感じます。

b0301101_01352327.jpg



by yusa-ozisan | 2017-05-30 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)