馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

2017年 10月 04日 ( 3 )

タイヤを換えて思った事


「内減りバースト」と言う
奇妙奇天烈なパンク。


それに伴い・・・金も無いのにタイヤを交換する羽目に。
考えてみれば「カーブを攻めるには最高」って理由で
ひとまわり小さなタイヤを使用してたんです。

どうやら理由は其処にもあるようでした。

駐車場や道路で「何故?」って程縁石に引っ掛かってた。
決して燃費も良くない状況だったんで
原点に戻る「正しさ」を感じたタイヤ交換でした。

「オイル・エレメント交換及び工賃込みで80,000円」
価格も安かったんで・・・良かったかな?

b0301101_10300638.jpg
b0301101_10302987.jpg


by yusa-ozisan | 2017-10-04 12:00 | おらほの光景 | Trackback | Comments(0)


希望の党「第一次公認候補192人を発表」

そのニュースにウチの母は「もう騙される人はいないだろう」と。
「小池の顔を見るのが嫌になったからテレビを見ない様にした」と。
真面目に選挙へ行く年齢層の多くは、そう感じてるカモ知れません。

b0301101_01164038.jpg

一次候補者の中、我が街じゃ「金子恵美」の名前がありませんでした。
やはり「比例でしか当選しなかった人だから」って理由が見えますね。
政治思想では無く「確実に当選する人」を擁立したいだけなんでしょ。

こんな話にゃ・・・高齢者は敏感ですから。

東京でも「二人の都議会議員離脱」のニュースがありましたねぇ。
小池さんの子飼いとしては「側近中の側近」可也の痛手って感じ。
これをきっかけに「小池離れ」が起きるかと思います。


自民党を崩壊させる為に作った政党が「野党を皆殺しにした」

そんな結果になるんでしょうネ。



by yusa-ozisan | 2017-10-04 06:00 | 政治の解釈 | Trackback | Comments(2)

岡村孝子④


「Baby Baby」

Baby・・・うまくはいかないものね あなたの痛み背負うほど
大きすぎる夢は歌えないけど 歩くきっかけにして


彼女が20代前半に書き「一番大切にしている」と言ってた曲。

新しい彼氏と幾ら時間を過ごしても「どうしても忘れられない」
言葉を間違えて別れてしまった元彼氏へそっと謝る歌ですネ。
「夢をあきらめないで」よりも、何故か重く心に響きます。

それは、もしかすると・・・一番目の嫁と同じトシだから?

b0301101_01253342.jpg



by yusa-ozisan | 2017-10-04 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(2)