馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

カテゴリ:音楽を語る夜( 1446 )

となりの町のお嬢さん


となりの町のお嬢さんは
今年の「夏の忘れもの」


淡くて儚い初恋であって「ひと夏の恋」と言った歌ですね。
EPレコードを買って、何度も針を落とした事を思い出します。
未だ「恋に憧れていた」深夜放送を聞き始めた夏の日を。

b0301101_02564329.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-24 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

何も言えなくて夏


未だ復帰が適わない「中村さん渾身の名曲」

盟友・知久光康さんの作詞でありますが
中村さんが再び一緒に歌える日は来るんでしょうか?
そんな事を思いながら・・・聴いてみます。

b0301101_02344700.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-23 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

ひまわり


夢を見ていました「二人が暮らした夏」
二人のあの夏の様に
ひまわりが今・・・咲きました


夏の情景を訥々と振り返る様な歌詞が
晩夏にはすこぶる胸に響きます

b0301101_02095966.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-22 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

さよなら夏の日


雨に濡れながら僕らは大人になって行くよ

いやいや・・・なかなか深い歌詞でありますね。
「この夏の思いが本当だったのか?」そんな十代の恋。

思い切り40年程・・・タイムトリップする歌です。

b0301101_00523364.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-21 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

甘い予感


夏が終わる頃恋が終わるって
誰が言ったの?私信じない!


ユーミンらしい「強気な女の歌」であります。

b0301101_01112822.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-20 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

セシル


I Love My Sweet Cecil
きみは愛のPhotograph
翼を広げた天使さ


過ぎ去った「夏の日の恋」を、かみしめる様に振り返る。
そんな男心を表している「晩夏の名曲」だと思います。
やっぱり男って・・・女々しい生き物なんですね。

b0301101_00584150.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-19 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

水色の街


水たまりの中で笑ってる君の顔は
夏の風が運んでくれた
ひまわりのはなびら


43年前の夏は、こんな歌に胸をときめかせていましたっけ。
いやーーー懐かしい!!


b0301101_01411100.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-18 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

黄色い麦わら帽子


黄色い麦わら帽子の女の子
今年も会えるかな?
夏の日出逢った女の子


ワタシが思うに「逢えなかったから切なく響くのかな?」と。
若かりし頃の松崎茂さんの歌・・・何とも良いですよねぇ。

b0301101_01564494.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-17 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

夏色のおもいで


8月後半を迎えますと
つい・・・聴きたくなる一曲です


b0301101_00351050.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-16 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

精霊流し


この曲も「お盆っぽい歌かな?」と。

好き嫌いは結構あると思いますが・・・季節の歌と言う事で。

b0301101_00124590.jpg



by yusa-ozisan | 2017-08-15 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)