馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

カテゴリ:こだ教育すんなって( 11 )

中学部活動に休養日通知


「先生にも休ませてあげたい」

そんな事を言うのは「親御さん」ではなく「日教組等の組合」なんでしょう。
面倒ですから「公立学校部活は全て撤廃」って事で良いんじゃありませんか?
地域での体育館・野球場等の大会費用を無くせば、税金だって浮きますから。

無くなれば大切さが解り「ブラック部活」なんて言わなくなりますし。

どう考えても「売り物にしてる私学」だけには残るんですから心配は要りません。
スポーツをやりたかったら「やれる学校に通えば良い」って選択肢を残してねぇ。
公立に通う方々は、ボランティアの親御さんとクラブチームでやれば良いんです。

可愛げの無い生徒と、子供が嫌いなサラリーマン先生。
噛み合わないのなら組み合わせなければ良いんです。

b0301101_017225.jpg
b0301101_028787.jpg

by yusa-ozisan | 2017-01-07 06:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(4)


我が国は、何処まで馬鹿になったんでしょうか?

振込め詐欺の名称を変えても「家庭環境と意識」を変えなければ犯罪は減らないでしょ?
ようやく政府広報で「ちったぁ親の事を心配してやれ」と、CMを打つ様になりましたが。
奨学金貸付に関しても同様で、幾等名称を変えても「返す気持ち」を育むのが先ですヨ。

馬鹿な野党が「政党名を変えれば何とかなる」と、解党しねぇのと同じかも知れません。


b0301101_364922.jpg

http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/22582/result

b0301101_38591.jpg


オウム真理教がアーレフに分離し「ひかりの輪」になって、一体何が変わったでしょう?
小沢一郎が様々な名前で沢山の政党を作りましたが、ひとつでも変化がありましたかネ?
最近の話題では、川上伸一郎と言う方が「ショーンK」と変えたら胡散臭くなったでしょ?

だから、名称を変えても基本が同じなら、変える意味は意味なんざありゃしねぇんです。


by yusa-ozisan | 2016-03-24 06:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(10)


この話は・・・平たく言えば
「文科省の馬鹿役人はゆとり教育の反省をして無ぇ」
そう言う事かも知れませんな。


我が県では、選挙に関心を持って貰う為「福島ナントカ」ってアホな萌えキャラポスターを!
全国的に話題にはなりましたが、それによって投票率が上がることは一切ありませんでした。
だからせいぜい、こんな写真を見て「萌える」って馬鹿が増えるだけじゃねぇかと思います。

b0301101_1132975.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000091-jij-soci

b0301101_1134738.jpg


馬鹿だから無理だわな!


高校生の政治活動容認を通知=集会やデモ解禁、学業優先―文科省
(時事通信 10月29日(木)15時32分配信)
【以下引用】
来夏の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることを受け、文部科学省は29日、高校生の政治活動を容認する新たな通知を出した。
全面的に禁じた1969年の通知は廃止し、集会やデモへの参加を学業優先などの条件付きで認めた。学校の政治的中立は堅持し、校内での活動は抑制。教員にも公平な立場での指導を求めた。関係団体の意見を反映し、各学校がより前向きに取り組むよう、5日に公表した通知案から、趣旨や文言を明確化した。
高校生の政治活動は「(選挙権年齢引き下げは)若い人々の意見を政治に反映させることが望ましいという意図に基づくもので、国家や社会の形成に主体的に参加することが一層期待される」と明記。一方で、教育の観点から無制限には認められず、合理的な制約は必要とし、授業や部活など校内の活動に政治活動を持ち込むことは禁止した。
放課後や休日の活動は、違法や暴力的でない限り、家庭の理解の下、生徒の判断で行えるとしたが、学業への支障や他の生徒に影響を及ぼす場合は、その程度に応じて制限が必要とした。同省は「校則などで一方的に禁止せず、学校や教育委員会が常識に照らして判断してほしい」としている。
政治に関する教育については「具体的かつ実践的な指導が重要」とし、模擬選挙などの積極的な実施を要望。ただ「教員の言動が生徒に与える影響は極めて大きい」とし、指導に際しては個人の主義・主張を出したり、特定の視点に偏った内容になったりしないよう戒めた。教員の立場を利用した政治活動は違法であることも強調した。
【引用終了】

by yusa-ozisan | 2015-10-30 06:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(4)


「保育士が安月給の為に集まらない」

安く預けようとするんですから「安い給料で就労する」って現状を考えて無ぇんでしょう。
「待機児童ゼロにするため保育園をもっと作れ」とかの騒ぎを耳にする度「馬鹿か?」と。
そんなに預けたいなら「私設に」のテもあるのに「高いから」がほとんどの理由ですよね?

預けたい人が他にも居るんですから「譲ってやれよ」と思うだけです。

そんな意味で「廉価は一人・もう一人はそれなりに御負担下さい」って話でしょ?
1~3歳児の枠を設けたが為、4~6歳児が入れなくなったって現状があるんです。
譲り合う事が出来ない時点で「話にならんって事かも知れない」と、切に思います。

b0301101_216717.jpg
b0301101_2162199.jpg

所沢市の育休退園問題、退園認めない初の決定
(TBS系(JNN) 9月30日(水)18時1分配信)
【以下引用】
埼玉県所沢市で下の子が生まれた親が育児休業を取得した場合、保育園に預けている上の子どもを退園させる制度をめぐって、さいたま地裁は29日付けで今月から退園となった3歳の女の子について退園の停止を認める決定を出しました。これによってこの女の子は10月1日から再び保育園に通えるということです。
さいたま地裁は退園を決めるにあたって、所沢市が法律に定められた聴き取り手続きを親に行っていなかった点について「違法であると認められる余地がある」などとしています。
別の親たちが起こした同様の裁判では今年7月、同じさいたま地裁で申し立てが却下されていて、退園を認めないとする司法判断が出たのはこれが初めてです。
所沢市は「市として決定文をいただいておりませんので何とも申し上げることができません」とコメントしています。
【引用終了】

by yusa-ozisan | 2015-10-01 06:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(2)


AMラジオから流れた「素朴な疑問解決」

純朴な子供をあまり見掛けなくなった昨今「仕方ないな」って感じがしますね。
例え間違っていても、何でもインターネットで調べ「その結果を鵜呑みにする」
挙句は「他人様の佳きアドバイスを聞き入れない」哀しい時代ゆえの終了かと。

b0301101_23592815.jpg


高校に入学した年「鶴瓶・新野のぬかるみの世界」と言うラジオ番組が始まりました。
若かりし頃の笑福亭鶴瓶師匠と新野新先生がパーソナリティを務めていましたっけ。
何よりも凄かったのは、番組枠が「2:30頃終了」終わりが決まって無かったんです。

様々な人間性の追及をしたり、チョッとしたエロ話をしたり、楽しい番組でした。

ある意味「高校生よろず相談室」と捉えて聞いてましたが、面白かったですヨ!
1989年まで11年間続いたんですが「FM放送が当たり前」になった頃ですよね。
それを考えると「こども電話相談室」が、如何に凄かったかと言うのが解ります。


デジタル社会も結構ですが「黒電話の暖かさ」が、心を休めてくれた気がします。

もう、こんな素晴らしいラジオ番組は放送されないんでしょうね。 残念です!


TBSラジオ「こども電話相談室」50年の歴史に幕 29日が最終回
(産経新聞 3月18日(水)15時3分配信)
【以下引用】
TBSラジオは18日の定例会見で、50年以上にわたって放送されてきた「全国こども電話相談室・リアル!」が今月で終了することを発表した。既に番組内では告知されており、29日の放送が最終回となる。
こども電話相談室は昭和39年、ワイド情報番組「オーナー」の1コーナーとしてスタート。41年に単独番組になり、小学生や中学生から寄せられる質問を専門家らが生放送で丁寧に回答するというやりとりが好評を博した。平成20年に現在の番組名に変更し、相談内容も恋愛やいじめなど人生相談に変化していた。
TBSラジオ&コミュニケーションズの入江清彦社長は終了の意図について、「現代の小中学生は電話をかけて相談事を持ちかけるより、スマートフォンを使いこなすことに慣れているなどメディア環境が変化している。いったん『こども電話相談室』という看板を下ろして、改めて時代の要請に応える形で、親子で聞ける番組を模索したい」と話した。後継番組は現段階で予定していないという。
【引用終了】

by yusa-ozisan | 2015-03-19 12:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(2)

道徳教育は押し付けか?


道徳教育に反対し「押し付け」とホザく思考は
「自衛隊=戦争」の思考と同様であると考えます。


日教組や左巻きの連中が「道徳=戦前あった修身」と同じ思考で、授業から消した訳でしょ?
小学校の頃「人としてあるべき姿」を習得した事を思い返しても、そう感じるんですよねぇ。
昨今狂った世の中になっちまった理由の一つが「道徳教育の否定」って話になりませんか?

どこの学校にもあった「二宮金次郎像の取り壊し」が、その象徴かも知れません。
だから、日教組をぶっ潰さない限り「道徳教育」は日本に戻って来ないでしょう!

b0301101_1116457.jpg


先日、某学校法人の理事会があった、学生運動に参加した60代後半の方と話をしたんです。
その方曰く「狂った子供を作った日本の教育を壊したのは学生運動を肯定した奴等だ」と。
更に「就職時期の4回生で辞めちまうんだからポリシー無き運動だったって事ですよ」と。

溜息混じりに「日米安保条約を全て理解していた学生は一割にも満たなかった」と。

現在の状況を考えても、左巻きに担がれ「原発再稼働反対」を唱える学生が居ますよね。
彼等が原発の良し悪しを理解してるかと言えば「流行に乗って騒いでるだけ」って状況。
就職が近づけば、同じ様に「そんな活動をしてたっけ?」の話になって行くんでしょう。


結局「説教じみた事が嫌」とか「反対マニアの戯言」で、道徳教育を否定するって事では?

大人のつまらない事情で、子供達に人としての生き方を伝承しないのは「愚か」です。


道徳教科化に賛否両論6000件「健全な社会秩序維持」「価値観の押しつけ」
(産経新聞 3月13日(金)17時25分配信)
【以下引用】
文部科学省は13日、平成30年度以降に教科化される小中学校の道徳をめぐる学習指導要領の改定案について、2月4日~3月5日の期間で実施していた意見公募(パブリックコメント)を集計したところ、国内を中心に5002人から計5993件の意見が寄せられたことを明らかにした。教科化によって「健全な社会秩序が維持され、伝承される」などの賛成意見が出た一方、「一定の価値観や規範意識の押しつけにつながることが危惧される」などの反対意見も寄せられた。
賛成意見では、子供たちへの教育の観点からだけでなく、教科化によって、教員の能力を高め、学校教育の質の向上を期待する声が目立った。具体的には「教師が子供とともに学ぶことが必要」「多くの教員が道徳の授業のあり方を考えることとなり、授業の質にも目が向けられる」などの意見があった。
一方、反対の立場からは「偏狭なナショナリズムにつながる」「国の考え方を子供に植え付ける危険性が極めて高い」などの意見がみられた。「道徳は普段の生活などから学ぶもので、教科として学ぶものではない」「現行の制度でも十分に実施できる」などと教科化することへの疑問も目立った。
文科省は今回の改正案で、教育内容を「正直、誠実」「感動、畏敬」などキーワードごとに示したり、小学校低学年から教材で国を愛する心を取り上げたりするなど記載を大幅に変更。こうした工夫について、「分かりやすくてよい」「改善された」などと評価する声があった。
評価は記述式で行われるが、「評価を記入するからこそ、意識して指導に当たることができるようになる」との賛成意見がある一方、「教師の求める発言をする子供が増える。道徳は本音で語れる場とすることが重要」との指摘もあった。
文科省は寄せられた意見を改正案に反映した上で、月内に新指導要領として告示する方針。道徳は「特別の教科」として小学校で30年度、中学校では31年度から導入される見通し。
【引用終了】

by yusa-ozisan | 2015-03-14 12:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(2)

日教組は日本のがん


天晴!「百田尚樹氏」

日の丸と君が代を「戦争を連想させるから」との理由で否定してる馬鹿ども。
母国を愛せず、母国を守れない日本人を作る「愚かしき集団」
それを「がん」と言わずして・・・果たして何と表現すりゃ良いんでしょう?

b0301101_1345040.jpg


こんな痛快な話が、毎日あれば楽しいですねぇ!


百田氏「日教組は日本のがん」 講演会後の質疑応答で
(共同通信47News 2014/06/18 23:12)
【以下引用】
NHK経営委員で作家の百田尚樹氏が18日、静岡市での講演会後に行われた参加者との質疑応答で「日教組は本当に日本のがん」「南京大虐殺はなく、従軍慰安婦はうそ」などと発言した。
講演会は静岡青年会議所が主催。百田氏は参加者から日本の教育に対する考えを問われ「日教組は何十年間も、純粋無垢な子どもたちに贖罪意識を教え込んでいる。まず『日本は素晴らしい』ということを教えなければいけない」と持論を展開。
その上で「日本人でいることが恥ずかしいと教え込まれた子どもたちは立派な大人になれない」などと述べた。
【引用終了】

by yusa-ozisan | 2014-06-19 12:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(6)

謝る必要の無い「謝罪」


ナメた餓鬼を甘やかす事が「心のケア」って奴なのかい?

新潟県の県立高校で「予習を忘れたことの罰として生徒全員に土下座をさせた」って話。
問題になってるようですが「悪い事をした子供に謝罪させる」その何が悪いんですか?
「クラス40人の大半が予習を忘れた」それに文句を言う方が「馬鹿丸出し」ですって。

b0301101_2130446.jpg


土下座をさせたってぇのは「二度としないように」戒めを与えただけ。
殴った訳でもねぇのに、傷付けた訳でもねぇのに、どうして謝らせるんですか?
「子供の心に傷が付いた?」 馬鹿言ってんじゃねぇ!唾でも付けりゃ治るって!



はぁ? そんなの当たり前だろ!!

b0301101_2133921.jpg

大工さんが現場に金槌を持って来なかったら仕事にならんだろう?
おめーらは「金槌を忘れた間抜けな大工さん」と全く同じなんだヨ!
携帯は絶対忘れねぇくせに「学生のあるべき姿」を忘れてんだぞ!



子供が馬鹿なら「親はもっと馬鹿」って話。

そもそも「暴力を振るわない様に」土下座させてんだゼ!
こんな馬鹿なガキの頭に、足なんか乗せたら腐っちまうって。
逞しい被害者意識の妄想で、ここぞとばかりの「いじめ」かぁ?

b0301101_21373550.jpg

大人をナメんじゃねぇ!
いい加減にしやがれ!!


はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・ (;-_-) =3 フゥ


b0301101_21452851.jpg

by yusa-ozisan | 2014-03-08 06:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(6)

「英語授業を小学校5年生から正式科目に」

「ゆとり教育で馬鹿を増やした事」を、全く反省してねぇんですネ。
日本語さえ、まともに意味を解せず喋れない子供が多い昨今。
母国語教育を深く行わない分際で「英語教育の充実を」って話ですから。

未だ我が国は「ギブ・ミー・チョコレート」に踊らされてんでしょう。

b0301101_11591172.jpg


提案した人は「中学・高校と6年間英語の授業を受けて得たもの」を振り返られないんでしょうか?
そして「ゆとり教育でブチ壊した・狂った国語の採点方法」を、全く反省してねぇんでしょうか?
読書感想文の採点で「コピーペーストが高得点」ってのは、失語症を生む要因なんですがねぇ。

その結果「人を慮る言葉」ってのが消え「誹謗中傷」がネットに蔓延する様になったでしょ?

母国語を多用する「独創性のある言葉の表現」ってぇのは、何処か「美しい旋律」と似てます。
美しい旋律を奏でる事が出来なくなりゃ「旋律の無いリズムだけの表現に変わっちまう」って事。
リズムだけの表現ってぇのは「ネットで横行する言葉足らずの誹謗中傷」が、その代表ですヨ。


ニュースや、頭の良い人の論説に「横文字を多用する」ってのが当たり前になった昨今。
意味を解してんだかどうか解りませんが「フン・フン」聞いてる姿を見掛けます。
でも、言ってる本人も聞き手側も「本当は解らない」って現状があるんじゃねぇですか?

「横文字を解せない人間は頭が悪い」 そう思われたくないから、知ったかするってコトです。

そんな馬鹿を増やすなら「小学生の時点で教えるべき事」を考えなくちゃならんでしょう!
崩壊した道徳を改めて教育したり、日本語の心温まる表現を教えたりする事が先でしょ?
母国語さえもまともに喋れなくなる「言葉足らずを増やそう」ってなら、話は別ですがネ。


暗号みてぇな言葉で子供が傷ついたりするのは「まともな言葉を教えないから」

基本的な事を忘れた教育は「狂育」でしかありゃしませんって。


英語授業は小3から、5年生から正式教科に
読売新聞 10月23日(水)8時5分配信
【以下引用】
文部科学省は、小学校の英語教育の開始時期を現行の5年生から3年生に引き下げ、5年生からは正式な教科にする方針を決めた。
現行では週1回の授業を、3、4年で週1~2回、5、6年では週3回に増やす。世界で活躍する人材を育成するため、早い時期から、基礎的な英語力を身に着けさせるのが目的。2020年度をめどに全面実施をめざす。
小学校の英語教育は11年度から、5、6年で週1回の外国語活動が必修化された。歌やゲームなどを通じて英語に親しむ内容で、読み書きはほとんど指導していない。英語が専門外の担任教諭が主に指導しており、質の確保が課題になっていた。
政府の教育再生実行会議は今年5月、小学校で英語教育を始める学年の引き下げや教科化などを安倍首相に提言。これを受け、同省内の検討チームが実施方法などをまとめた。
【引用終了】

by yusa-ozisan | 2013-10-23 12:00 | こだ教育すんなって | Trackback | Comments(6)

「我が子を犯罪に巻き込みたい親が増えてる」って話すか?

使い方によっては、子供も大人も関係無く犯罪の温床となり得る「携帯電話」
「福島の食い物は内部被曝するから食わせない」とか言う親が沢山居る割に
少女売春等の「世間を通して取り留めもつかなくなる事」を考えねぇんですから。

b0301101_120654.jpg


「臭い物にはふたをする」って事が得意な割に「臭い臭いの基を絶つ」って事をしねぇ「馬鹿親」
自分がどんだけ矛盾してるのかを全く省みず「妙な責任転嫁」に奔走してばかりの現状ですよね。
例え主犯格的な罪を犯したとしても「みんなもやってるのにどうして?」って事をホザくでしょ?

親の管理下である未成年扶養家族の「携帯電話管理」が出来て無ぇのが、一番の要因なのにネ。

だから、こんなクソ長いニュースを「恥」とも思わず、問題提起の様に書けるんじゃねぇですか?
過ぎる甘やかしをする馬鹿親の子供が、行き過ぎた犯罪の主犯格として世を騒がしてんです。
いじめも、少女買春も「好き放題携帯をいじらせてた」ってのが原因なんですからねぇ。


まぁネ・・・「無料アプリケーション=犯罪の温床」とは言いません。
しかし「網を張って手ぐすねを引いて待つ悪いヤカラ」が居る事だけは確かじゃありませんか?
そんな悪人どもから子供を守れねぇどころか「拾って下さい」と言わんばかりの事をしてんです。

にもかかわらず「被害者だ」って叫ぶ姿が多いのには、心から大笑いしちまうんです。

大人でさえも「いじめ」ってのが湧いてくる「ネット空間の妙な場所」があるでしょ?
他に例えれば「乗車券が無ければ新幹線に乗れない」ってコトを、常識的に考えなさいな!
それは即ち「買え与えなければ・容認しなければ」犯罪に近付かずに済むって事です。


だからネ ・・・ 「馬鹿もやすみやすみ言え」って話じゃねぇんですか?

問題提起をする前に「犯罪への乗車券を買わない事」を語らなきゃ、大馬鹿ですヨ。


小学校でLINE氾濫「規制困難」 主戦場は小4…大人が知らないSNSの実態
産経新聞 10月13日(日)12時0分配信
【以下引用】
スマートフォン(高機能携帯電話)の爆発的な普及に伴い、小中学生にとっても無料通話アプリ「LINE(ライン)」は今や必要不可欠なコミュニケーションツールとなっている。だが、LINEを発端とした凶悪事件やいじめが後を絶たない中、保護者や学校関係者の危機感は強い。近畿2府4県の教育委員会や自治体、警察本部は昨年末、全国初の連絡会議を発足させたが、今年9月の総会で座長はこう指摘した。「知らないのは大人だけ。問題は日々変化している」。大人が知らない、子供をめぐるSNSの実態とは-。
昨年12月、近畿2府4県と政令指定都市、各府県警、携帯事業者5社など45団体で構成する「スマートフォン時代に対応した青少年のインターネット利用に関する連絡会」(事務局=総務省近畿総合通信局)が設立された。関係者がこれほど大規模な連携を図るのは、全国で初めてだ。この設立総会で参加者から出された課題や悩みは、主に高校生のインターネット利用に関するもの。昨年7月の総務省調査では、高校1年生の59%がスマホを利用しており、有害サイトへのアクセスや個人情報流出などの被害をいかに防ぐかが最大の関心事だった。
ところが、今年9月末に大阪市内で開かれた第1回定期総会では、様相が一変。急速に普及する無料通話アプリ「LINE」への対応策に話題が集中した。連絡会の座長を務める兵庫県立大准教授の竹内和雄氏は「もはや主戦場は小学4年生だ」と指摘する。竹内氏によると、学童保育が小学3年生で終了し、野球やサッカーなどのクラブ活動や学習塾通いが始まるのが4年生。このタイミングで子供に携帯を持たせる親が多いが、選ばれる端末はフィーチャーフォン(従来型携帯電話)ではなく、スマホだ。
携帯電話会社関係者によると、子供にスマホを買い与える際、子供が「LINEができなくなる」と文句を言うため、フィルタリングを導入しない親が増えているという。もっとも、フィルタリングは携帯電話会社の回線を利用するときには有効だが、Wi-Fi(ワイファイ)経由のネット接続には機能しない。このため、携帯電話会社は自社Wi-Fiに有効なフィルタリングを用意しているが、街中のコンビニなどにあふれるフリーWi-Fiスポットでは効果がない。
しかも、最近の学校現場では、クラブ活動の連絡網もLINEで代替しているところが多く、「もはや必要不可欠なツール」(大阪市のPTA役員)となっているのが実情だ。竹内氏は「子供を物理的に規制するは困難」と断言する。実際、大阪府寝屋川市の小学校でこんなケースがあったという。携帯電話の持ち込みはもちろん禁止だが、ある児童が、10人まで同時接続できる携帯電話会社の無線LANルーターを教室に持ち込み、アイポッドタッチでLINEをしていた。もちろん、アイポッドタッチへのフィルタリング導入は困難。この時、教室ではどんなサイトも“見放題”になっていた。
だが、LINEを発端とした凶悪事件やいじめなど、深刻な事態に発展するケースが相次いでいるのも事実で、保護者や学校は手をこまねいているわけにはいかない。9月末に開かれた定時総会では、活発な議論が交わされた。大阪府高石市の私立中高の教諭は、生徒のスマホにはほとんどフィルタリングは入っていないことや、入学前からLINEを使って生徒同士がすでに知り合いになっていることが多いという現状を報告。その上で、「何度も生徒同士で使い方のルールを話し合うことが重要」と指摘した。学校側がガイドラインなどを押しつけるのではなく、写真や発言を投稿する前に、生徒自身に影響や投稿者としての責任を考えさせるべき-との立場だ。
また、兵庫県の担当者は、「LINEを批判するだけでは、他の無料通話アプリや海外のサービスに流れるだけではないか」とも指摘。LINEだけでなくさまざまなSNS(ソーシャルメディア)の利用に関するルール作りを求めた。総務省によると、聖心女子大や日本大学の付属中高では、SNSのガイドラインを策定している。いずれも発信が社会に及ぼす影響やプライバシー保護について、自己責任での熟慮を促すもので、大人が枠を当てはめるのではなく、生徒に自己規制を求めた形だ。
定時総会の場で、座長の竹内氏がLINEを使ったことがない参加者に挙手を求めたところ、実に半数近くが手を挙げた。竹内氏はこう指摘した。「子供のスマホ利用について、知らないのは大人だけだ。問題は日々変わっており、本人たちにルールを考えさせるしかない」
【引用終了】

by yusa-ozisan | 2013-10-14 06:00 | こだ教育すんなって | Trackback(1) | Comments(5)