馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

春色めいた「吾妻連峰」


鮮明なブルーバックの光景は
どこか「春の暖かさ」を感じます。


何度撮っても「母なる山」は・・・良いものです。

b0301101_05020708.jpg
b0301101_05021841.jpg
b0301101_05022979.jpg
b0301101_05024141.jpg


# by yusa-ozisan | 2019-03-19 07:00 | おらほの光景 | Comments(0)


「女性は観光資源ではない」

脂ぎった糞男か「鼻にもかけられない心ブスの女」が
如何にも言いそうな話って感じですねぇ。
「其処で性行為に至った」と言う話でもあるまいに・・・

謝罪しなければならん理由って何でしょう?

そんな話ばかりしてるから「異性から見向きもされなくなる」
・・・と考えられない自分の姿を鏡で見た事が無いのでしょう。

b0301101_03034502.jpg
b0301101_03074891.jpg

# by yusa-ozisan | 2019-03-19 06:00 | 馬鹿こいでんなよ | Comments(0)


ハクション大魔王 「アクビ娘の歌」

改めてテロップを見ると「堀江堀江美都子12歳(横浜市)」と。
この年は「黒猫のタンゴ」もヒットしておりましたので
その流れでデビューしたんでしょうね。

b0301101_00154550.jpg
b0301101_00184784.jpg


# by yusa-ozisan | 2019-03-19 00:00 | 音楽を語る | Comments(0)

渾身の「逸品」


「母さんが夜なべをして手袋編んでくれた」

そんな歌を頭に浮かべ「夜なべをして縫ってくれたのかな?」と。
職人魂がこもった・・・それは素敵な服を頂きました。

b0301101_05334963.jpg


# by yusa-ozisan | 2019-03-18 07:00 | おらほの光景 | Comments(0)


「紅三四郎」

ワタシが7つの時でしたから、堀江さんは6つ上なので「13歳」
随分とお若い時にデビューされたことになりますねぇ。
そのせいか、今でもこの歌は耳に残っています。

今週は堀江さんの懐かしい歌を聴いてみます。

b0301101_00080358.jpg


# by yusa-ozisan | 2019-03-18 00:00 | 音楽を語る | Comments(0)