馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

<   2018年 03月 ( 90 )   > この月の画像一覧

庶民の昼食


昨日「役得で頂いた」昼食。

学校法人の理事会に出席すると「それなりの贅沢」が。
でも・・・のり弁の方が性に合ってるワタシです。

b0301101_11103638.jpg
b0301101_11110542.jpg


by yusa-ozisan | 2018-03-31 12:00 | おらほの光景 | Comments(0)

「60歳を過ぎた経理のオバちゃん」

もしも価値があれば「再雇用」ではなく「期間延長」だったのでは?
会社側は決して安く使う為に評価を下げたんじゃ無いと思いますヨ。
言葉を選ばずに言えば「厄介者がやっと定年を迎えた状況」ではと。

基本は「消費者の為に安い弁当を提供し続ける会社」への提訴。
要は「裁判官がどれだけ経済音痴だったか?」が解る判決です。

b0301101_06285361.jpg
b0301101_07060876.jpg

惣菜関係で定年後の経理担当者が33万円をもらう条件を考えてみました。

①金融機関取引の上で、融資を円滑に行える税理士並みの技量がある事。
②肩書に「取締役経理部長」をもらえる程、会社との信頼関係がある事。
③生産コストを十二分に理解し、間接社員の売上比処遇を理解出来る事。

年間「現金530万+保険等会社負担70万=600万」価値が問われます。

一般経理職員で「時給1,200円」が、再雇用条件提示だったのでしょう。
現実を考えても「普通ならせいぜい1,000円」可也優遇された条件かと。
費用対効果を推し量る経理職員としても、非常識過ぎる訴えですってネ。


記事を「労働者が守られるべき権利」と誇らしげに書いたアホンダラ。
この裁判に対し「会社の違法性」を訴え続けて来た経済音痴の関係者。
全ての方々は、1,000円以上の高級昼食を召し上がってるんでしょう。

「一審での判断がどれだけ常識的だったか?」が伺えます。

最近の労働裁判は「働かない人の訴えが多い」と、いい加減気付けヨ!
裁判後の地位確保を求めないのは「銭を無心する為」なんですからネ。
この勝訴が起因し・・・ロクデナシが増えない事をただ祈るだけです。


b0301101_07241259.jpg

by yusa-ozisan | 2018-03-31 06:00 | 馬鹿こいでんなよ | Comments(0)

春のからっ風


「さすが!泉谷っぽいなぁ」

ひねくれて、ちっとも爽やかじゃない「春の歌」
でも「これから頑張ってみようかな」って
何となく力がもらえる歌であります。

b0301101_01403956.jpg


by yusa-ozisan | 2018-03-31 00:00 | 音楽を語る | Comments(0)

新幹線って・・・


遠近法の歪みで
芋虫みたいに見える時がありますよね?

b0301101_06413374.jpg
b0301101_06431972.jpg
b0301101_06440346.jpg
b0301101_06434924.jpg

b0301101_06443617.jpg
b0301101_06453525.jpg
b0301101_06455049.jpg


by yusa-ozisan | 2018-03-30 12:00 | おらほの光景 | Comments(0)

私は妻と一緒に園長先生に頭を下げに行きました。
「子どもができてすみません」

実に馬鹿げた毎日新聞の記事から、くだらねぇ騒動が生まれた様です。
被害者になり憐れんでもらおうと言うつもりなのかどうか解りません。
しかも「デキ婚禁止」って、当り前の話をされ怒る方がおかしいです。

b0301101_04072985.jpg

被害者妄想批判記事の特徴は、最初に「愚にも付かぬ文句」を書く事。
「子どもを育てる職業がこんな環境であるこの国は子育て後進国です」
今般は、自分勝手な主張をこんな風にすり替えて来たみたいですねぇ。

「どうして勝手にルールを破るのよ」って、本当に言われたの?

それよか「年功序列で妊娠の機会を与えられる」って矛盾した訴え。
あれだけ「女性は子供を産む機械じゃない」とか、騒いだくせにサ。
それゆえ・・・「事例に無理があるよな」と思う記事になる訳です。


一番笑えるのは「3月の年度末から産休」一番忙しい時と解らぬ証拠。
実務に関わる人間としても、次年度計画の為に休まれたら困る時期。
年間を通して考えるならば「秋から冬にかけて」をむしろ望みます。

行事もほぼ終わり、子供達も精神的に安定する季節ですから。

だから「書いた人の気持ちが入ってるだけの嘘記事」だと考えます。
幾等人手不足と言えども、業界の流れは可也変わったと思いますヨ。
中には「産休を法定基準通り目いっぱい」って方も出ますからねぇ。


法人側に立てば「余りにもふざけた風評流布をするな」と思うだけ。
利用する人が可也多い、社会保険から長期給与補償が出る産休ゆえ。
もしも拒否をすれば「ブラック扱い」噂で人が集まらなくなります。

言って何ですが「暗黙がある職場」って保育園だけじゃ無いでしょ?

何処をどう読んでも現実に即さない話。毎日新聞の被害妄想ですヨ。
しかもオチが「人手不足で閉園」じゃサ、無理があり過ぎですって。
人手不足に拍車をかける様な話は、止めてもらいたいモンですねぇ。


by yusa-ozisan | 2018-03-30 06:00 | 馬鹿こいでんなよ | Comments(2)

春の風が吹いていたら


拓郎の最初の奥さん「四角佳子さんの歌」

何ともほのぼのとしている「春の名曲」って感じであります。

b0301101_01282030.jpg


by yusa-ozisan | 2018-03-30 00:00 | 音楽を語る | Comments(0)

まもなく福島です


そんなアナウンスが聞こえてくる光景を。

b0301101_10501773.jpg
b0301101_10504030.jpg
b0301101_10505854.jpg


by yusa-ozisan | 2018-03-29 12:00 | おらほの光景 | Comments(0)

野党の皆様!
二度と国防費に文句を言わないでね!

全く意味の無い森友騒ぎを蒸し返し「予算に対する異論を述べない」
本来なら「防衛費の増大に異議あり」と大いに叫ぶべき野党の皆様。
あれだけ「戦争法案反対」って騒ぐなら、予算を簡単に通すなって。

b0301101_02121934.jpg

民主主義国家ゆえに「国防費増大にOKが出た」ってのは祝うべきコト。
国会討議の中、バリケードを張るが如く反対する人が居なかった訳で。
本気で反対したいなら、森友騒ぎなんざしてる暇はありませんからね。

昔居た「気骨ある野党議員」は、今や皆無の様ですし。

悔し紛れの言い訳に「与党が多いから覆せない」ってのがあります。
でもねぇ「正論を述べれば反対を考える与党議員」を作らなきゃネ。
子供じみた反対ばかり繰り返すから、同意してもらえないんでしょ?

頭が悪いにも・・・程がありますって。

そもそも民主党って、自民党の反体制派が築き上げたものでしょ?
だったら、自分達と同じにおいがする人を集める努力をしなきゃ。
努力の欠片も無く「ただ反対」バッヂを付ける資格はありません。


いい加減・・・国会議員の仕事をしちゃどうですか?

野党は「与党に審査と言う名のブレーキをかける存在」でしょ?
重箱の隅を突いて文句を言い続けるのは、ただの現実逃避です。


b0301101_02290828.jpg


by yusa-ozisan | 2018-03-29 06:00 | 政治の解釈 | Comments(2)

春風のいたずら


「こんな時こそあなたにいてほしい」

ってだけで、一言も「春」が語られて居ない百恵ちゃんの歌。
わかりました! ・・・ 一緒にいてあげましょう。

b0301101_00575486.jpg


by yusa-ozisan | 2018-03-29 00:00 | 音楽を語る | Comments(2)

芽生え


昨日の午前中に信夫山で見た「こんな光景」

27度にまで上がった気温で、一部咲いたとニュースで見ました。
お花見の屋台設置が行われてた光景もあり「春なんだな」と。

b0301101_06041307.jpg
b0301101_06042414.jpg
b0301101_06045189.jpg
b0301101_06045807.jpg


by yusa-ozisan | 2018-03-28 12:00 | おらほの光景 | Comments(0)