馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち

カーペンターズの軌跡㉓


「ふたりのラヴ・ソング」

1977年・オールジャパンTop40「最高位4位」Bill-Bord「最高位35位」
アメリカンTop40を聴いて「40⇒36⇒35⇒圏外」に愕然と来ましたネ。
時代が少し早かったAORシンガー、スティーブ・イートンの作品でした。

二人の愛が残したのは ラブソングだけなんてひどすぎる
音楽が流れるのを 夜も眠れず待つなんてサ
ラブソングの代償を今払うなんて ひどい話じゃないか
失恋した時に 最高のラブソングが書けるはずなのに


1974年の作品と考えても「時が時なら」って感じがします。

B面「眠れない夜」は、ファーストアルバムからのカップリング。
初々しさが響く、リチャード&ジョンのナンバーです。

b0301101_21414455.jpg



# by yusa-ozisan | 2018-02-23 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

カレーもち


会津路訪問中に見掛けた「餅の販売」

その中、カレー好きにとって興味をそそる「カレー餅」なるものが。
購入し、レンジで20秒程温めて食しましたが・・・
何とも微妙な味でした。

b0301101_05050500.jpg
b0301101_05053656.jpg
b0301101_05054166.jpg


# by yusa-ozisan | 2018-02-22 12:00 | おらほの光景 | Trackback | Comments(0)


「視点が違うんじゃ?」って話に大笑い!

処方された薬を真面目に服用する、昭和一桁の高齢者が居ます。
それに対し、昭和10年以降の高齢者は「薬手帳利用の拒否」を。
今は「高齢者がバカバカ薬を貰う時代」じゃありませんヨ!

b0301101_05135229.jpg


言って何ですが「セカンドオピニオン」って流布が間違いでしょ?
医師を信じず「処方を信じない」若い患者が多くなった時代です。
風邪をひいて、二件の病院に看てもらえばダブル処方になります。

そんな現実を「高齢者は死ね」の批判にすり替えてません?

更に、即効性を求めた挙句「余る程薬をもらう」って無いですか?
抗生物質を多量に服用すれば「効きが悪くなる」って事を考えず。
そうなりゃ「あちこちで聴く薬をもらい続ける」って悪循環に。

高齢者より、50代以下の年齢層の無駄遣いが多い気が。

我々昭和30年代は余程の事が無いと薬を飲めなかった世代です。
だから、直ぐに効き目が現れ「残った薬を保存する習性」が。
過分に薬を貰いに行かない、妙な癖がついてしまった事も確か。


だから「高齢者が」って話ばかりは、片手落ちじゃ?

厚労省も「偏向報道のネタ提供」を止めるべきです。


b0301101_05155539.jpg


# by yusa-ozisan | 2018-02-22 06:00 | 馬鹿こいでんなよ | Trackback | Comments(2)

カーペンターズの軌跡㉒


「悲しき慕情」

1976年・オールジャパンTop40「最高位2位」日本のみのカットでした。
この曲もまたBCR「二人だけのデート」に1位を阻まれましたっけね。
前年ヒットさせた「ソリティアー」に続くニール・セダカ・ナンバー。

考えて見りゃ、この頃カレンの拒食症が表沙汰になったんですよね。

B面「愛のキャンドル・ライト」は、リチャードとジョンの曲。
例え・・・今までと同じ良い曲を作ったとしても
時代が徐々に二人から離れて行った頃でもありました。

b0301101_21201629.jpg



# by yusa-ozisan | 2018-02-22 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)

それぞれの「磐梯山」


昨日・・・会津へまた仕事で参りました。

猪苗代町の手前辺りからから撮った姿と
会津若松入口から撮った姿の違いが
様々な表情を見せる女性と重なりました

b0301101_02090464.jpg
b0301101_02125822.jpg
b0301101_02130601.jpg


# by yusa-ozisan | 2018-02-21 12:00 | おらほの光景 | Trackback | Comments(0)