馬鹿が増え過ぎの世の中「聞いでくっちらんに事」ばかりになりました

by ゆさこをゐち


家族は止める事が出来なかったの?

こんなニュースを見る度に、他の被災地の方に申し訳なくなります。

b0301101_01325645.jpg

長い間住んだ家を津波で流された方が自殺して裁判が起きました?
「防波堤をちゃんと作って無かったから国家責任だ」とか言って。
例え入れなくとも、時期が来れば帰る家が残されているでしょう?

それを・・・家族は説得出来なかったんですか?

はっきり言って「乞食」と言われても文句は絶対言えませんよ。
風評被害と闘って来た県民を背に、何を手伝ってくれましたか?
逆に「原発事故が原因」の話で、更に風評が起きただけでしょ?


来年度の復興支援予算が「幾らか?」見えて来ている昨今。

こんな裁判を起こす事を「恥」と考えない神経を疑います。


b0301101_01330490.jpg


# by yusa-ozisan | 2018-02-21 06:00 | 馬鹿こいでんなよ | Trackback | Comments(2)

カーペンターズの軌跡㉑


「青春の輝き」

1976年・オールジャパンTop40で遂に「最高位2位」に甘んじた曲。
BCRの「ロックン・ロール・ラブ・レター」に阻まれたんですよね。
Bill-Bordでも「最高位25位」チョッと翳りが見え始めた頃です。

リチャードとジョンに、アルバート・ハモンドが加わった名曲です。

サンディー 二人は一緒に一日を過ごせる?
雨の日を独りで過ごすことが 私を憂鬱にさせる
知ってるでしょ?
サンディー 今日は友達でいて
二人の時間は 遠くの冬を追いかけるから


B面の「サンディ」もまた・・・意味深です。

b0301101_19542948.jpg




# by yusa-ozisan | 2018-02-21 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)


「間もなくこの飾りも終わるんだろうな」

そんな事を思いながら、酔っ払いはカメラを向けたのであります。

b0301101_01055069.jpg
b0301101_01072066.jpg
b0301101_01072638.jpg


# by yusa-ozisan | 2018-02-20 12:00 | おらほの光景 | Trackback | Comments(0)


あの「共産党」でさえ騒がなかった
「旧優生保護法」


ハイエナ弁護士どもが、全国一斉に騒ぎ始めましたねぇ。
このテの国家補償は「ほぼ満額出る」と思ったんでしょう。
でも、補償を受けた障害者本人は喜ぶのでしょうかね?

言って何ですが、家族を食い物にするのはどうでしょうか?


b0301101_00131322.jpg


小学校3年まで、ウチの近所に障害を持つ男性と女性が住んでました。
記憶にある理由は「二人とも良い友達だったから」なんですよねぇ。
感覚として、チョッと上の可愛がってもらったお兄さんやお姉さん。

年月を経て、様々な背景を聞かせられましたっけ。

親から突然「○○くんと○○ちゃんは遠くに引っ越したよ」と告げられ
理由を聞き出すも「大人になったら教えるから」と一刀両断でお終い。
思い出して訊ねた高校時分、特別障害施設へ入所した事を知りました。

親父が市役所の福祉課にいたから寄って来た事も。

男性は「お姉さんがやっと結婚が決まったから」女性は「ついでに」
そんな理由で施設の入所になった背景と強制不妊の話を聞きました。
時折子供に理解出来ない行動をしたのを見た思い出があり、納得を。

今考えれば「性的欲求のソレ」があった気が・・・

二人が仲良くする姿を、大人は怪訝そうな顔で見てましたっけねぇ。
今思えば「18歳と17歳の二人」健常者なら青春真っ只中ですから。
だから「二人を引き離そう」と言う理由もあったのかも知れません。


家族が苦悩した末の「施設入所」とも耳にした現実。
弁護士どもが綺麗事で騒ぐ話じゃねぇと思うんです。
だから「銭儲けがまた始まったか」と感じた訳です。

「不幸な子供を産まない運動」それの何が悪いの?

実体験を振り返っても、決して間違いは無かったと思うのです。
逆に提訴する家族側も、ハイエナの片棒担ぎにしか見えません。


# by yusa-ozisan | 2018-02-20 06:00 | へでなし弁護士の話 | Trackback | Comments(0)

カーペンターズの軌跡⑳


「見つめあう恋」

1976年・オールジャパンTop40「№1」Bill-Bord「最高位12位」
ハーマンズ・ハーミッツが1967年全英Top10入りをさせたヒット。
リチャードとカレンが大好きだったゆえにカヴァーした曲でした。

B面「グッバイ・アンド・アイ・ラヴ・ユー」は、前のアルバムから。
リチャードとジョンの隠れた名曲として、マニアの間で知られてます。

b0301101_19353636.jpg



# by yusa-ozisan | 2018-02-20 00:00 | 音楽を語る夜 | Trackback | Comments(0)